尾田栄一郎「ワンピースは10年後も描き続けていると思います!新しい仲間も入ってくるはず」

1_20140704144215a50.jpg




ジャーナリストが予想したワンピースの最終回━━━ ワンピースはつまりルフィが最後に見つける宝は世界平和なんじゃないかという説を聞いた 

尾田先生は笑いながら「確かに、ワンピースというネーミングはワンピの最終回と関わっていますね。 
ただ、僕がヒントを出すということはできないんです。なぜなら意味がなくなってしまいますから」 

その後、尾田先生はこう語った。「連載開始から17年が経ち、ますます多くのキャラクター達が物語で登場してきています。頭のなかに沸き起こるインスピレーションを止めることができなったんです。 僕は10年後もワンピを描き続けていると思います。新しい仲間も入ってくるはずです。新しい仲間は次々に現れる予定です」 

尾田先生いわく、悪魔の実の設定を考え出すときは、ドラえもんや日常生活に触発されているらしい。
たとえばルフィのゴムゴムの実は尾田先生が怠けながら座ったままで物を手に取るために腕を伸ばせたらいいなと思ったことに端を発した。また、尾田先生が一番欲しいのはロビンのハナハナの実ということだった。 
なぜなら多くの手を咲かせて漫画を描くことができるから。 

また、女性キャラが食べた全ての悪魔の実は、女性が日常で必要とするものに関係しているそうだ。 
たとえばアルビダのスベスベの実やミス・バレンタインのキロキロの実がそうだ。 

尾田先生は8時に就寝し、12時に起床するという4時間睡眠で生活を送っている。 
尾田先生いわく、本当にそれで問題ないそうだ。


http://www.chinatimes.com/newspapers/20140703000880-260102