伝説の号泣アニメ 「火垂るの墓」が海外で初の実写映画化!

090814_212016

スタジオジブリでアニメーション化もされた野坂昭如の小説火垂るの墓」が、 イギリスで実写映画化されることが明らかになった。 同作が海外で実写映画化されるのは初めてのこととなる。 原作は、太平洋戦争末期の神戸を舞台に、幼い兄妹が必死に生きようとした姿を 描いた半自伝的小説。1967年に発表され、第58回直木賞を受賞した。 1988年には、高畑勲が監督を務め、スタジオジブリによりアニメーション映画化。 同じくスタジオジブリによる宮崎駿監督作『となりのトトロ』と同時上映されている。 Screenによると、映画化権を獲得したのはイギリスの映画会社Dresden Pictures。 プロデューサーを務めるのは同社のリアム・ガルボとジェームズ・ヒースで、撮影は 2014年中に行われるという。 原作は、2005年に松嶋菜々子出演でテレビ映画として実写化されているほか、 2008年には日向寺太郎監督により映画化。だが、日本国外で実写映画化されるのは 今回が初めてのこととなる。(編集部・福田麗) http://www.cinematoday.jp/page/N0048048 まさかのイギリス実写化。配役の都合など、当然そのまんまのストーリーでは いけないでしょうから、いったいどうやって仕上げるつもりなのか。 名作なだけに変な感じにはして欲しくないところで、非常に楽しみでもあります。 未視聴の方はぜひ一度アニメの方でも見てください。号泣です。(T_T)

ではまた今度(`・ω・´)ゞ