飛行機事故って死亡率が高そうだけど、実際には95%の高確率で生き残れるらしい

IMG_0091

飛行はとっても安全で、事故なんて滅多に起こることではありません。 飛行機嫌いの方に飛行機の安全性を話す時、こんなフレーズを耳にした こともあると思います。 「空港に向う間に交通事故で死ぬ確率の方が、 飛行機事故で死ぬ確率よりも高いんだよ。」 しかし、どうして飛行機が安全だと言えるのでしょうか? 確かに滅多に起こることではありませんが、起こったが最後、自動車事故で死ぬよりも 遥かに高い確率で死んでしまう気がしませんか? ところが、万が一飛行機事故に巻き込まれたとしても、95パーセントの確率で 生き延びることが出来るそうなのです。 大事なことなので、2回書いておきますね、95パーセントですよ。

BoingBoingのマギー・コース・ベーカー記者は以下のように記しています。 国家運輸安全委員会(National Transportation Safety Board)が、1983年から 2000年の間に発生した商業用飛行機事故を調べた所、事故に巻き込まれた 人達の実に95.7パーセントが生き延びているということが判明しました。 非常に状態の悪い事故だけに絞って見ても、全体の生存率は 76.6パーセントなのです。 先週末、私はこの事実をパイロットの友人と話していました。 すると、彼は1989年7月19日に起こったユナイテッド航空232便 緊急着陸事故の ことを教えてくれたのです。 その日、ユナイテッド232便は、その全ての油圧操縦を失ってしまいアイオワ州 スーシティに、通常よりも120km/h以上早い速度で緊急着陸しました。 この様子は上の動画でも見ていただくことが出来ますが、機体は破壊され炎に 包まれている酷い有様です。 しかし、こんな状況でも62パーセントの乗客が生き延びています。 飛行機の場合、乗客数が多いのでどうしても死者の数が多く感じられます。 しかし、例え事故になったとしても生存率がここまで高いのであれば、これからは もう少し緊張せずに空の旅を楽しめそうですよね。 http://www.kotaku.jp/2012/11/surviving_a_plane_crash.html でも、飛行機って意外と揺れるもんで、「只今、気流の強いところを飛行しています」 ってアナウンスで思いっきりガタガタくると、とりあえず死を覚悟します。 こんな話聞いても、未だに安心できる自信がない。(;^ω^)

ではまた今度(`・ω・´)ゞ