米テレビ黒歴史、「悪魔が宿った荒ぶるトースター」

米テレビでは様々な超常現象を特集した番組が放送されている。この映像は1984年にテレビ放送されたという「悪魔のトースター」。 この女性の所有するトースターは、悪魔が宿っており、パンを焼くと「私は悪魔である」と低い声で囁くのだそうだ。

ソース:Here's A Toaster Controlled By Satan

しかもそれだけではない。焼けたパンには「SATAN LIVES」の文字がくっきりと焦げ目の中に浮き出ている。これだけでもプッっとなってしまうわけだが、レポーターは真剣に女性の話を聞いている。そして実際にトースターにパンを投入してもらったところありえない現象が!!

ここまではっちゃけてくれたら、例えやらせとわかっていても、別の意味で楽しめるんじゃないかと思うんだがどうだろう?日本のテレビのやらせはきっと中途半端だからダメなのかな?どうなのかな? ではまた今度(`・ω・´)ゞ