遠隔操作ウイルス・警視庁がFBIに通信記録の解析を求め捜査員も増員!犯人逮捕は時間の問題か

Zd (1)

パソコンの遠隔操作事件で、警視庁や大阪府警などの合同捜査本部は 12日、真犯人が送ったとみられる犯行声明メールの送信元を特定するため、 経由したサーバーのある米国に警視庁の捜査員ら5人を派遣した。 米連邦捜査局FBI)に通信記録の解析を求める。 これまでの捜査で、真犯人から10月に都内の弁護士とTBSに送られた 犯行声明メールは、世界中の複数のサーバーを自動的に経由させる 暗号ソフトが使われ、最後に米国と欧州を経由していたことが判明。 捜査員はサーバーがあるカリフォルニア州などを訪れる。 4人の誤認逮捕につながった襲撃予告メールなども同じ暗号ソフトが使われており、 捜査本部は相手国の協力が得られ次第、米国以外にも捜査員を派遣する。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1201S_S2A111C1CC0000/ わざわざ捜査員を増員し、FBIにまで協力を求めているということは警視庁も この件に関していよいよ本気。 通信記録というものは基本どこからでも、どこを経由しても必ずログ(アクセスのあと)が 残り、調べればわかることなので、海外サーバを何度も経由されると “調べるのが面倒になる”ということ以外、この基本は変わりません。 FBIも動き、警視庁も本気、これは犯人逮捕は時間の問題の可能性は 十分あります。現在、大きなイベントのたびに犯罪予告など、よくない匿名悪質 メールが流行っているので、そのへんの模倣犯を止めるためにも、警視庁には 早く犯人を捕まえて欲しいところであります。

ではまた今度(`・ω・´)ゞ