ジャパネットたかた社長 「日本直販さんに憧れて始めたのに、倒産のニュースを聞いてびっくり。残念。これからテレビ通販が伸びていくのは難しいでしょうね」

ty (2)

日本直販」の名称でテレビ、ラジオを通じた通信販売を手がける総通 (大阪市中央区、喜多俊憲社長)が9日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。 「高枝切りバサミ」などのヒット商品を出したが、インターネット通販の普及などにより、 売上高はピーク時から半減。 約175億円の負債総額を抱え、事実上の経営破綻となった。 今後、コールセンター大手のトランスコスモス(東京都渋谷区)の支援を受け、 再建を図る。 通販番組に自ら出演することで知られる「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)の 高田明社長(63)は「ビックリしました。日本直販さんに憧れて テレビショッピングを始めたようなところがありましたから」と、トレードマークの ハイトーンボイスを封印し、残念そうに話した。 同社は業績を伸ばしているが、高田社長は 「これからテレビ通販が伸びていくのは難しい」と冷静に分析。 「家電不況もかつてない領域に入っています。今こそお客様の満足に 応えられるよう企業努力を続ける時。過去の成功体験を捨て去り、 変化に対応するのではなく、自ら変化を生み出していきたいです」と今後を見据えた。 一方、日本文化センター(東京都新宿区)の担当者は、長年のライバルについて 「昔から一緒にやってきた会社さんですからね。大変だな、と思います」と話した。 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121109-OHT1T00309.htm 高田社長に「これからテレビ通販が伸びていくのは難しい」と分析されると かなり信ぴょう性があります。 例のハイトーンボイスがよくモノマネされ、笑いを誘うイメージがありますが、 実はタカタという1,500億円の大企業を、たった一代で作り上げた偉大な人物。 通販業界の関係者からは、“営業の神様”みたいに呼ばれている人だったり するので、人は見かけによらないものです。

ではまた今度(`・ω・´)ゞ