「受ける喜びより与える喜び」誰かに何かを分け与える喜びは幼児にも存在する(カナダ研究)

0_e1 人間は生まれながらにして社会性を身に着けているようだ。カナダのブリティッシュコロンビア大学、発達心理学者3人によるの最新研究によると、「受ける喜びより、与える喜びの方が大きい」という事実は幼児にもあてはまることが判明した。
ソース:Giving Leads to Happiness in Young Children 与える喜びは幼児にも

パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス(PLoS One)に掲載された研究論文によると、2歳未満の幼児は、お菓子をもらうことより、与えることの方に喜びを感じるという。さらに、単にお菓子を与えるより、自分の持ち物を分けるときの方が、喜びが高いということもわかった。今回の研究は、幼児が人に与えることに喜びを感じることを示すことが初めて確認されたものだ。 これは、大人が人を助けるときに満足感を得ることを測定した最近の研究結果を裏付けるものであり、自腹を切っても社会のために貢献しようとする心理の解明にもつながる。 1_e0 「幼児は本来、自分本位と思われがちですが、実際は、与えることの方に強い幸せを感じるということが観察されました」。共同研究論文の筆頭執筆者ラーラ・アクニン博士は語る。 研究では、金魚の形のビスケットなどのお菓子を幼児に与え、数分後、ひとつをぬいぐるみに与えるよう促した。さらに、追加のお菓子を幼児に手渡し、ぬいぐるみに与えるよう促した。幼児の反応は録画され、録画をもとに幼児の幸福度を7段階で評価した。 実験でぬいぐるみにお菓子をあげる幼児 3_e1 「幼児が自分のお菓子を分け与えることに最大の喜びを感じているということが、最も興味深い結果でした。自分にとって何でもないものを手渡すときより、自分の大切なものを人の利益のために譲るときの方が、幸せを感じるのです」アクニン博士は語った。 人を助ける行為は自分の喜びにもつながっていく。人間の元来の本質に、「人助けすると自分も幸せになれる」という深層心理が奥深く織り込まれていることを、この研究が裏付けた結果となったようだ。 誰かを喜ばせたい。そしてその誰かが喜んでいるのを見ると、こっちの気分も満たされうれしい気分になれちゃうよね。それは人間が持って生まれた本質だったようで、もちつもたれつで助け合うことで、人間は繁栄していったのかもしれないね。 でも逆に、境遇の恵まれている人に対しては、妬んだり僻んだり逆恨みして足をひっぱっちゃったりとか、人間はそういうネガティブな負の心理メカニズムが働く場合もあるようで、一筋縄ではいかない部分もあったりして、つくづく人間って面白い生き物だよね。

ではまた今度(`・ω・´)ゞ