ゴムチューブ式とはおさらば! パンク知らずの夢の様な自転車用タイヤが登場!

Ph009681_s

Britekタイヤ&ラバー社は、 同社のエネルギーリターンホイール(ERW)をマウンテンバイク用に開発、 そのプロトタイプが現在動画で公開されている。 エアを充填しないタイヤは、これまでにも自動車用に数社が開発し提供してきているが、 自転車用は初めてとなる。 タイヤ内部にはゴムの層が形成され、 調整可能なロッドで引き伸ばして状態を維持し、 接地面は溝形模様をなしてクッションの役割を果たす。 軽量のカーボンファイバーリムを用い、両側に素通しの穴がたくさん開いている。 Ph009682_s このエアレスタイヤの利点は、安全で効率的な走行をもたらすことのようだ。 ERWはその名の通り、路面から受ける衝撃をエネルギーとしてタイヤ内に貯め、 はね返すことで駆動のエネルギーにする。通常エアの量で調節する乗り心地は、 ゴムのテンションを調節することで変えられるそうだ。

http://irorio.jp/yuukashimoda/20121102/34381/ いざというときのパンクは、自動車や自転車に乗っている上で 交通事故に並んでかなり厄介な出来事です。 こうした新素材によるノーパンクタイヤがどんどん主流になっていってほしいものですね。

ではまた今度(`・ω・´)ゞ