すごく保存状態のいいマンモスの死骸が発見される! 専門家「世紀のマンモスだ」 見つけたのはなんと11歳の少年

Ph007902

ロシア北部タイミル半島に住む少年(11)が、 約3万年前のものとみられるマンモスの死骸を発見した。 保存状態が良く、専門家は「世紀のマンモスだ」と話している。

マンモスが見つかったのは北極海に流れ込むエニセイ川の土手。 8月下旬、付近を散歩していた少年が不快な臭いと永久凍土から突き出ていた マンモスのかかとに気付いた。

通報を受けた専門家が調べたところ、 約3万年前に死んだ15、16歳の雄のマンモスと判明。

0121006at04_p

少年の愛称にちなんで「ジェーニャ」と名付けられたマンモスは、 右側を下にして横たわっており、骨格はほぼ原形をとどめていた。 長さ1.5メートルの牙や皮膚、目、耳もきれいに残っていた。

専門家によると、臓器も損傷を受けていない可能性がある。 これほど保存状態の良いマンモスの死骸が発見されたのは1901年以来だという。 ニュースソース 諸説ありますが、氷河期を原因として絶滅したとされる、 牙を持つゾウ型の巨大生物、マンモス。 各地で骨などが見つかっていますが、 専門家も珍しいと驚く、保存状態のいい死骸が発見されたことで、 またひとつマンモス研究が進むことでしょう。(^ν^) 果たして大昔の地球に何があったのか。 そしてマンモスの生態系とは。いろいろと気になりますね。

ではまた今度(`・ω・´)ゞ