「県民が本気になればオスプレイを止められる」 市民団体がたこ揚げをして抗議

宜野湾】沖縄平和運動センターのメンバーら約20人が2日、普天間飛行場南側の森川公園でたこを揚げて抗議した。オスプレイ普天間に着陸する直前には大謝名からも揚がった。野嵩ゲートで座り込んだ人は「もっとたこや風船を揚げ続けるための募金を集めよう」と呼び掛け、約130人から約7万円が集まった。山城博治事務局長は「県民が本気になれば、オスプレイを止められる」とたこ揚げや風船掲揚を広く呼び掛ける考えだ。 森川公園ではフェンス越しに海兵隊憲兵隊が軍用犬を連れて警戒、公園を管理する 宜野湾市職員や警察官が約20人訪れ、たこ揚げを遠巻きに見ていた。 飛行ルートに住む宜野湾市愛知の男性(44)はこの日早朝の野嵩の抗議集会に訪れて知り、 たこ揚げ行動に賛同。「気合を入れてたこ揚げするなんて、沖縄の悲しい状況があるが、 意思表示したい」と話した。 伊波義安さん(70)は「戦後67年の怒りが爆発するのはこれからだ。 沖縄の人が誇りを持って扱われるまで終わらない」と話した。 http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-03_39770

米軍普天間飛行場に着陸するオスプレイ。右上は配備に抗議で揚げられた凧=2日午後0時11分ごろ、宜野湾市 1   余計に危ないヒィー!!ε=∑(`д´;ノ)ノ 抗議の仕方は考えましょうね(;^ω^) ではまた今度(`・ω・´)ゞ