さけるチーズを極限までさいた猛者が登場!ありえない姿に

wffwew 独特の裂ける感覚を味わいながら、食べることが出来るチーズとして有名な雪印の『さけるチーズ』ですが、これは何回さくことが出来るのかと話題になっております。そして極限状態までさいたらどんな状態になるのか興味がある方も多いと思いますが、実際に最大限までさいたという猛者が現れたのでさっそく紹介したい。 sakeru

こちらはモップでもボンボンでもない、紛れもなくさけるチーズだ。人の手でさける極限状態までさくとこのような毛のような状態になるらしい。もはや別の商品になってしまっているが、こうすることでボリューム感がアップするのではないかとひそかに期待もしたい。 さけるチーズは元々1本の棒のような形をしているが、実際に顕微鏡で見てみると繊維状組織になっており、それが縦に筋が通っているためさくことが出来ると言う仕組みのようだ。もちろん、さいたからどうなると言う訳でもないが、さく感触は他では味わえない、エンターテインメントのひとつとなっている。 さて、この写真は実際のさく過程は一切判らない状態となっているのでどのように裂いたのかは不明だが、YouTubeに同じような動画がアップされていたので紹介したい。

dwqfdwq 動画URL:http://youtu.be/-kw8zj5FuuI  

意外とコツなどはなく地味に裂いていくようだ。 いっそのことなら機械など使い、本当に極限状態までさいてみたいものだ。

最後の画像は一瞬キャベツの千切りに見えた(笑) ではまた今度( ´∀`)ゞ