今度の天体ショーは激レアもの。全国規模では23年ぶりに「金星食」が発生

ペルセウス流星群の次は「金星食」だ! 
お空は僕らを飽きさせないね。
金星食とはつまり、月が金星を隠しちゃうイベント。
日本で金星食が見られるのは2003年以来9年ぶりらしい。 沖縄の一部を除くほぼ全国で、観察のしやすい夜間に、 潜入から出現まで観ることができるのは1989年以来で23年ぶりなんだってさ。

日食とは違って、金星食は肉眼で観察できます。 さらに双眼鏡や望遠鏡があれば金星の形や月のクレーターも観察できるでしょう。
120810kinsyoku03.jpg
14日夜はあいにくの曇りになりそうですが、見れるといいな~( ´∀`)
ちなみに次回、
同様の金星食が見られるのは51年後のことになるそうです。Σ(´∀`;)
詳しい時間は上記リンクから
ではまた今度(`・ω・´)ゞ