火星探査機「キュリオシティ」が着陸成功!地球外生命の痕跡調査へ

 火星で生命の痕跡を探すため、昨年11月に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の無人探査車「キュリオシティー」が6日未明、火星への着陸に成功し、映像の送信を始めた。  米国の探査車の火星着陸は2008年以来。オバマ大統領は「米国は今夜、火星で歴史を作った」との声明を発表。米国は2030年代半ばまでに火星の軌道に宇宙飛行士を到達させる探査計画を掲げており、着陸成功は重要な一歩となる。 キュリオシティを見守っていた管制室の関係者らは、着陸が成功すると歓声を上げて成功を祝った。キュリオシティが最初の火星の画像を送り返してくると、涙を浮かべる者もいた。 着陸地点は過去に水の痕跡が発見された赤道付近の「ゲール・クレーター」。。少なくとも2年間、火星の土壌や大気を分析して炭素や窒素、酸素などの痕跡を探し、映像やデータを送信する。 火星の「ゲール・クレーター」CG図d5673e7e.jpg  キュリオシティーは過去最大の探査車で全長約3メートル、重量900キロ。ジェットを逆噴射して空中に浮遊する母船からワイヤで釣り下げ、約20メートルの高さから少しずつ地上に降ろされた。  スポーツ用多目的者車(SUV)ほどの大きさがあるキュリオシティは、従来使われていたエアバッグを利用しての着陸方法が使えず、パラシュートと逆噴射を利用して着地する複雑な方法を採用。これは「恐怖の7分間」と呼ばれ、過去にない困難な作業が連続した。 キュリオシティは、搭載された10種類のハイテク機器や岩盤の掘削もできるロボットアームが搭載されており、、65センチまでの障害物を乗り越えて、1日当たり約200メートルを走行できる。 2030年には月ではなく火星へ行けるのかΣ(´∀`;) 火星の次は木星ですかね(笑) ではまた今度(`・ω・´)ゞ
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52096099.html